普通の画像・写真を2分でカンタンにドット絵にする方法

2分で普通の画像をドット絵にする方法 パソコン

昭和上がりのゲーマーはドット絵を見ると性的興奮を覚えます。

今回はそういった一部の人のために、ものすごく簡単に画像をドット絵に変換する方法をお伝えします。

私が選んだオリジナル画像

地球が無くなった後、どこかの知的生命体が地球大辞典みたいなものを作るんですよ。

そこには多分、哺乳類ヒト科の人間や、人類が築いた文明について結構なボリュームの情報が載っています。

その文明の中にはゲーム文化について書かれた箇所があって、その1番上にはこのゲーム機があるんですね。

正直に言うとそれだけは絶対に無いと思うんですけど、今回はこのバーチャルボーイの画像をドット絵にしましょう。

ドット絵になった完成画像

これを見た瞬間、かまいたちの夜感がすごかったんですが、結構いい感じにドット絵にできました。

ゲームボーイの感じにしたかったのでモノクロにしました。

作業時間は約2分。

特別な技術やツールなんかは特に使っていません。

ちなみにバーチャルボーイは任天堂が作った3Dゲーム機なんですけど、世に出るのが早すぎました。

壊滅的に売れていません。

普通の画像をドット絵にするための作業手順

このサイトを利用します。

ドット絵こんばーた

これのいいところはパソコンへのインストールが不要なことです。

オンラインツールなので、サクサクっとお目当てのドット絵ができちゃいます。

やったね。

作業手順は大まかに4つ。

  1. 元の画像を読み込む
  2. 設定を変更する
  3. 変換して確認する
  4. 完成した画像を保存する

 

ドット絵こんばーた画面

1.元の画像を読み込む

画面左上の「画像を開く」ボタンを押して、ドット絵にする前の画像を選びます。

2.設定を変更する

色の数やドットの大きさなどの設定項目を変更します。

これは何回でも変更しながら完成形を確認できます。

自由に色々と試そう。

3.変換して確認する

設定が終わったら左下の「変換する」ボタンを押しましょう。

右側にドット絵に変換された画像が表示されます。

それで満足できなければもう一度設定を変更して、「変換する」ボタンを押します。

納得する画像が完成するまでこの作業を繰り返します。

4.完成した画像を保存する

納得できる画像が完成したら、右に表示されているドット絵を右クリックします。

「名前を付けて保存」を選んで、パソコンの中に保存します。

これにて任務完了。お疲れ様でした。

番外編:モノクロのクオリティを上げるための中間作業

モノクロだけじゃなく、カラーでも役に立つ考え方をご紹介。

ドット絵こんばーたはお手軽ツールです。

設定できる項目はそこそこありますが、専門的なツールにはさすがにかないません。

今回はカラーからモノクロにしたんですけど、ドット絵こんばーたに全部任せると完成度が低くなりました。

なので、カラーからモノクロにする作業だけは他のツールを使ってやっています。

フォトショップでもイラストレーターでもgimpでもビューワーでも何でもいいです。

彩度のパラメータを下げれば画像は白黒になります。

 

これ以外にも、ドット絵こんばーたで作った画像がイマイチな場合は、元画像を加工するのも1つの方法ですよ。