【ネタバレ無し】中島みゆきの夜会、初参加の興奮と涙と安堵

中島みゆきの夜会20「リトル・トーキョー」感じた事

どうも、中島みゆき夜会VOL.20「リトル・トーキョー」に行ってきたサイトーです。

みゆきさん、なんて素敵な人なんだ…

年上の女性に言うのは失礼かもしれないけど、かわいかったなぁ…

スポンサーリンク

中島みゆきの夜会はコンサートとは違うよ

夜会は一般的なコンサートみたいに楽曲を披露していくものではありません。

全体を通してのストーリーがございます。

みゆきさん自身が考えたテーマがあって、ストーリーがあって、それに合わせた舞台、歌、演出、などなど。

コンサート、芝居、ミュージカルが混ざりあったものだと私は感じました。

出演者も豪華な面々が揃ってます。

 

今回の夜会はVOL.20

最初の夜会は1989年、それから1998年までは毎年開催していたようです。

今は不定期開催なので、次にいつ夜会が開催されるかは誰にも分かりません。

 

それにしても夜会を始めて30年目ですか…

それだけ続けられるって本当に凄いことですよね。

みゆきさんは夜会だけじゃなくて、楽曲の制作(結構なペース)、コンサート、執筆業もやってます。

それだけ忙しいのに夜会を開催できるってことは、中島みゆき影武者説があるなー。

歌う時としゃべる時は別人説は有名だからね。

初めてみゆきさんのラジオ(オールナイトニッポン)を聞いたときはビックリしましたよ!

歌からは想像つかない話しっぷりなんです。

年齢を感じるって良いことだと思う

みゆきさんは今66歳です。

夜会VOL.20「リトル・トーキョー」の公演中、2/23には67歳になります。

その歳で人前に立って歌って踊れるなんて、どれだけ逞しい人なんや!

 

女性は若いほどいいみたいな考え方がありますよね?

美魔女とか言って、10歳以上若く見える~♪きゃーすごーい、みたいなね。

いやいやいや、そういう事じゃねーんだ。

生物学的には正しいかもしれませんが、ちょっと待てと。

物差しがそれだけだと心が貧しくなるんじゃないかと。

 

年齢は木の年輪みたいなものですやん。

年月を重ねて少しずつ太くなっていく。

外側に1つ1つ増えていって、その時の一番外側が周りの人から見える。

それがそのまま、その人を表す。

頑張って若く見せようとするよりも、素敵な年の重ね方をした方がかっこいい。

あたしゃそう思うわけよ。

 

夜会のパンフレットに稽古中の写真が載ってるんですよ。

正直に言うと、写真に映っているみゆきさんからは相応の年齢を感じました。

稽古は大変で疲れるし、本番の衣装・メイクじゃないから当然のこと。

 

それがね、本番の舞台に立っているみゆきさんは、なんというか綺麗なんだよなぁ…

可愛くて、面白くて、力強くて、儚げで、神々しくて…

みゆきさんは色々な魅力を持ってて、どんどん引き込まれました。

 

白状すると途中の歌で私はぐっときて涙が出てたんだけど、となりの女性はそんなレベルじゃなく号泣してた。

好きなんだなぁ…

私もやで!

上の世代に対して嫉妬してしまった

これは私サイトーがちょいちょい思うことなんですよ。

上の世代の人達が羨ましいなぁって。

 

いやね、今の世代は大変だから昔の人はいいよねって意味じゃないんです。

それぞれの世代を生きている人にとって、結局みんな楽じゃないんですよ多分。

それに私はこの世代に生まれて良かったってハッキリ言えるし。

 

私が思うのは、もう少し早く生まれてたら、みゆきさんの歌をもっと深く感じられたのになぁってこと。

 

素晴らしい歌、曲は世代を超えるって言いますよね。

現に私はみゆきさんや美空ひばりさんの歌が大好きです。

だけどなー、価値観が世代を超えるのは難しいとも思ってます。

 

戦争やバブルを経験してない私は、人の話を聞いたり本を読んだりしても「そうだったんだ」くらいにしか思えない。

だってその時代を生きてないから、実際に体験していないから。

 

これが東日本大震災だったら全然違います。

体験したことのない激しい揺れ、異様な自粛ムード、ちょっと不気味なACのCMばかり流れるテレビ、出張してたから輪番停電の影響は受けなかったけど仕事で死にそうだった日々…

実際に肌で感じたことの方が、記憶や感覚に強く残るからね!

当たり前なんだけども。

 

人の価値観は経験によって作られていくもの。

その人が生きてきた時代の事件や社会の空気にすごく影響されます。

違う時代を生きた人が価値観を共有するのは、中々できないと思う。

 

私が10年、あわよくば20年早く生まれていれば、みゆきさんの歌がもっと近く感じられたかもしれない。

 

だってさー、夜明け前の吉野家(狼になりたい)とかね、今は24時間営業してない吉野家が多いもの。

受話器を外したままで話し中(悪女)と言ってもさ、今はスマホで連絡取るじゃないですか。

 

古い歌って言ってるんじゃないんだよ。

みゆきさんと同じ時代を生きていれば、もっともっと共感できたのにと思うと、ちょっと寂しいだけなんだよ。

 

今回の夜会VOL.20「リトル・トーキョー」では、中島みゆきさんだけでなく豪華な出演者がいっぱいでした!

渡辺真知子さん、植野葉子さん、香坂千晶さん、宮下文一さん、石田匠さん…

みなさんの歌や踊りの迫力は若造の私にもガンガン伝わってきました。

あの歌唱力、表現力を生で体験できたのは、本当に幸せだったなぁ。

観客は50代以上の方が多くいましたが、出演者の世代に近い分だけ、私より深く響いてるのかなという嫉妬心が…これはもうね、仕方ないよね。

終わった後、周りの人が出演者に関する会話してるのが聞こえて、ストライク世代でいいなぁと思ってました。

 

それに大人の財力があれば、コンサートや夜会にも参加しやすいからね(笑)

あぁー…もう10年、できれば20年早く生まれたかった!

間に合って良かった…

私は美空ひばりさんも好きなんだけど、ひばりさんの生歌を聞くことはできなかった。

そりゃ年齢を考えると当たり前なんだけど、それは哀しい 哀しいものですね。

だからこそ、自分が好きな人の歌はね、生で聴いた方がいい。

今回の事で、本当にそう思いました。

 

同じ場所、同じ時間で、特別な空気を共有して肌で感じること。

これはその時だけしかできない、後になってもやり直せない、凄く凄く貴重な経験。

それこそ一期一会です。

昔は旅行とかイベントとか、手元に残らないものにお金を払うことに抵抗がありました。

でも今、そういう支出は人生を豊かにすると思っています。

 

今回の夜会は、妻がたまたま気づいてくれました。

もし彼女が気づかなければ私は夜会に行くことはありませんでした。

そして、もしかしたら1度も好きな人の歌を生で聴くことがなかったかもしれない。

言いづらい事だけど、人がいつまで歌えるかは分からないからね。

 

シャ乱Qのつんく♂さんのように、病気で歌えなくなる方がいます。

フジファブリックの志村さんみたいに、若くして亡くなる方もいます。

自分の好きな人が、いつまでも元気に歌える保証なんてないんです。

 

だからこそ自分の好きな人の歌は、今すぐに聴いた方がいい。

 

普段から中島みゆきさんが好きということを妻に話していてよかった…

妻が夜会に気づいて、教えてくれてよかった…

夜会のチケットが取れてよかった…

みゆきさんを始めとする出演者の歌や踊りを感じられてよかった…

 

感謝感謝のオンパレード、いつから私は森脇健児になったんだっていうくらいの感謝ですよ。

夜会に行くか迷っている人は今行った方がいい

私は以前、夜会という響きからちょっとハードルが高いイメージを持ってました、勝手にね。

ディナーショー的なやつなのかな?とか、年齢規制があるのかな?とか、謎の推測をしてた。

 

でもそんなに色々と悩まなくていいと思います。

夜会はコンサート、芝居、ミュージカルが混ざりあったようなもので、変にハードルを上げる必要はないです。

 

というか、夜会がいつまで開催できるかは分からないですからね。

もしかしたら今回のVOL.20で終わりになるかもしれない。

そうなったらもう、行くか行かないか迷うことすらできないんだから。

 

悲しくて涙も枯れ果ててもう二度と笑顔にはなれそうもなくなる前に、好きな人の歌を聴けて私は幸せです。

ありがとうみゆきさん。

夜会、最高でした。

何だか亡くなったみたいな感じになってますけど、中島みゆきさんはまだまだ元気でひょうきんな人ですよ。

舞台挨拶も笑わせてもらいました、さすがやで。

 

 

夜会工場はみゆきさん以外の歌も結構入っています。

純粋にみゆきさんの歌を沢山聞きたいならライブDVDがおすすめ。

初回版にはDVDがついてて映像が見られるから、絶対に初回版がいいです。